トップページ > 東京湾を取り巻く環境(水際線の状況)

東京湾を取り巻く環境

水際線の状況

東京湾の年代別埋立状況

東京湾の年代別埋立状況

下のボタンをクリックすると年代別に埋立地が地図上に表示されます。

  • 免許認可・施行中
  • 平成17年〜平成26年
  • 昭和61年〜平成16年
  • 昭和51年〜昭和60年
  • 昭和41年〜昭和50年
  • 昭和31年〜昭和40年
  • 昭和21年〜昭和30年
  • 昭和元年〜昭和20年
  • 明治・大正期
  • 全ての年代を表示

出典:「平成17年度 首都圏白書」(国土交通省、2005)をベースとして、平成26年の地図情報からその後の埋立状況を追記した

東京湾内における埋立面積の変遷

 昭和40年から50年代にかけての大規模な埋立により、東京湾の水面面積の約2割に相当する約 25,000haが埋立てられました。

 

注:埋立て面積の数値は竣工ベースの数値で示す。

出典:国土交通省関東地方整備局資料

東京湾の海岸・浅海域の状況

 現在の東京湾の海岸・浅海域の状況をみると、その多くは人工海岸であり昭和30年以降に約123kmの自然海岸・浅海域が消失しています。

 

出典:第5回自然環境保全基礎調査 海辺調査 総合報告書、1998、環境庁自然保護局

東京湾の干潟・浅場・藻場の位置および規模

 東京湾に現存する代表的な自然干潟としては、盤洲干潟、富津干潟、三番瀬、三枚洲、多摩川河口等があり、人工干潟としては稲毛海浜公園、葛西海浜公園等があります。一方、藻場は、砂泥性藻場のアマモ場が富津干潟、盤洲干潟に、ガラモ場、アラメ場、ワカメ場等の岩礁性藻場が千葉県の富津以南と神奈川県三浦半島周辺に生育しています。この様に、自然干潟や浅場には、藻場やヨシ原等を持ち合わせていることが多いです。

 

出典:
「干潟ネットワークの再生に向けて」(国土交通省港湾局・環境省自然環境局、2004)
「東京湾水環境再生計画(案)」(国土交通省関東地方整備局、2006)
東京湾再生官民連携フォーラム資料より作成

出典:
「干潟ネットワークの再生に向けて」(国土交通省港湾局・環境省自然環境局、2004)
「東京湾水環境再生計画(案)」(国土交通省関東地方整備局、2006)
東京湾再生官民連携フォーラム資料より作成





出典:
「第5回自然環境保全基礎調査 海辺調査 総合報告書」(環境庁、1998.3)
「干潟ネットワークの再生に向けて」(国土交通省港湾局・環境省自然環境局、2004)
「横須賀港港湾計画環境アセスメント調査業務委託報告書」(横須賀市、2004.3)
「第7回自然環境保全基礎調査 浅海域生態系調査(藻場調査)報告書」(環境省、2008.3)
神奈川県水産技術センター資料、千葉県水産総合研究センター資料、東京湾再生官民連携フォーラム資料、ヒアリングより作成

出典:
国土交通省関東地方整備局
「第7回自然環境保全基礎調査 浅海域生態系調査(藻場調査)報告書」(環境省生物多様性センター)掲載の写真を使用し、国土交通省関東地方整備局横浜港湾空港技術調査事務所が作成、加工したものである。
http://www.biodic.go.jp/reports2/6th/6_moba19/index.html


出典:
「第5回自然環境保全基礎調査 海辺調査 総合報告書」(環境庁、1998.3)
「干潟ネットワークの再生に向けて」(国土交通省港湾局・環境省自然環境局、2004)
「横須賀港港湾計画環境アセスメント調査業務委託報告書」(横須賀市、2004.3)
「第7回自然環境保全基礎調査 浅海域生態系調査(藻場調査)報告書」(環境省、2008.3)
神奈川県水産技術センター資料、千葉県水産総合研究センター資料、東京湾再生官民連携フォーラム資料、ヒアリングより作成

資料のダウンロード

このページに掲載されている資料のうち、下記のデータがダウンロード可能ですので御利用ください。
データをご利用いただくにはMicrosoft社のExcelが必要です。


※Windowsをご利用の場合はファイル名を右クリックし「対象をファイルに保存」を選択すると、ダウンロードできます。
※Macをご利用の場合はcontrolキーを押しながらファイル名をクリックし、「ファイルをデスクトップに保存」を選択するとダウンロードできます。