海洋短波レーダー観測データ リアルタイム配信システム

利用規約


本システムをご利用の際は、必ず利用規約をご確認ください。
本システムの利用者は、本規約に同意の上で利用するものとします。

利用規約はこちら

利用方法


【画面構成】
本システムは、以下の4つのフレームから構成されます。
 1 コンテンツについて
 2 予報潮位の表示
 3 表示期間および表示図の選択
 4 流況図の表示



1 コンテンツについて
 ・利用方法 : 本システムの注意事項や利用方法が記載されています。
 ・観測機器について : 観測機器である海洋短波レーダの説明について記載されています。
 ・昨年までの観測結果:過去の海洋短波レーダを利用した観測結果について記載されています。


2 予報潮位の表示
 千葉灯標での予報潮位がグラフ表示されます。


3 表示期間および表示図の選択
 観測結果の表示期間および流況図(生データ表示または25時間移動平均値表示)を選択できます。


4 流況図の表示
 ・海洋短波レーダによって取得した表層流が面的にベクトル表示されます。
 ・「流れ表示(25時間移動平均値)」は、表示する時刻の前後12時間の流速データを利用して、移動平均をかけて潮流成分を除去し、おおまかな恒流成分を抽出した流れ表示となっています。
 ・最新のデータから12時間前のデータまでご覧いただけます。表示する時刻の前後12時間に観測データに欠測があった場合は、表示する事ができません。御了承ください。







【表示期間および表示図の選択の詳細】