海洋短波レーダー観測データ リアルタイム配信システム

観測機器の説明 目 次


(1)観測地点およびエリアについて
(2)観測機器について



(1)観測地点およびエリアについて


 海洋短波レーダー(HFレーダー:周波数24.515MHz)の設置位置を示します。

【大黒埠頭局 : 139°42’15” 35°27’5” 神奈川県横浜市鶴見区大黒ふ頭海釣り公園地先】
【千葉局    : 140° 5’22” 35°34’0” 千葉県千葉市中央区川崎町JFEスチール樺n先】
【船橋局     : 139°58’33” 35°40’4” 千葉県船橋市潮見町船橋海浜公園地先】



目次に戻る


(2)観測機器について


 海洋短波レーダーは陸上に機器を設置し、電波を発信・その反射エコー(ドップラーエコー)を受信・処理し、複数局の解析結果データを合成する事により、海の表層の流況(流向・流速)を広範囲(面的)に取得する事ができるリモートセンシング技術を利用した観測機器です。
  観測範囲は陸上に設置された観測局から約1.5km〜60km程度で、1.5kmメッシュのデータ取得が可能となります。

 本システムに使用している海洋短波レーダー(HFレーダー)の仕様を示します。
    ●周波数−−−−24.515MHz±50KHz(HF帯)
    ●レーダ方式−−FMICW(受信DBF方式型)
    ●ビーム方式−−ナロービーム(DBF)型
    ●アンテナ−−−八木アンテナ
    ●視程距離−−−60 km
    ●分解能−−−−距離1.5km、方位7.5度
    ●設置面積−−−受信空中線:55m×7m
           −−−送信空中線:7m×9m
    ●観測時間間隔−通常15分間隔        
    


【海洋短波レーダー : 大黒埠頭局】


【海洋短波レーダー : 千葉局】


【海洋短波レーダー : 船橋局】


【送受信機および解析用コンピュータ】


目次に戻る