トップページ > 東京湾を取り巻く環境(底質)

東京湾を取り巻く環境

底質

化学的酸素要求量(COD)

 底層の化学的酸素要求量(COD)は、船橋市や習志野市前面海域を除いた湾奥部で高く、湾口部に向かって徐々に低下しています。平成24年度には湾奥部で30mg/g乾泥以上、湾奥部で船橋市前面海域では10mg/g乾泥程度となっています。

出典:
昭和52年9月:「東京湾口航路海域環境調査報告書」(運輸省第二港湾建設局京浜港工事事務所、1995)
平成6年8月:「東京湾口航路海域環境調査報告書」(運輸省第二港湾建設局京浜港工事事務所、1995)
平成14年8月:国土交通省国土技術政策総合研究所資料(2002)
平成24年度:「東京湾の底質調査結果(平成24年度)」(九都県市首脳会議環境問題対策委員会、2013)

粒度

 観音崎から富津岬にかけての狭窄部周辺の海域では、粒度の荒い礫や砂分が多くなっています。湾奥部の大河川の河口域や内湾の湾中央部を中心とした広い範囲では泥分(シルト・粘土分)が多くなっています。また、木更津から富津にかけての海域では砂分が多くなっています。

出典:
昭和35年頃:「東京湾の地形・地質と水」(貝塚爽平編、1993)
平成6年8月:「東京湾航路海域環境調査報告書」(運輸省第二港湾建設局京浜港工事事務所、1995)
平成14年8月:国土交通省国土技術政策総合研究所資料(2002)
平成24年7月:「東京湾底質底生生物調査報告書」(国土交通省関東地方整備局千葉港湾事務所、2012)