東京湾環境情報クリアリングハウス

ツール・マニュアル・仕様書のコーナー

環境データの共有・利活用を促進するため、以下のツールをご利用ください。

  1. データ作成ツールについて
  2. メタデータ作成ツールのダウンロード
  3. 観測値ファイル作成ツールのダウンロード
  4. CMLデータフォーマット変換・グラフ化ツールのダウンロード
  5. xmlデータエラーチェックツールのダウンロード
  6. 辞書ファイルのダウンロード
  7. コンター描画ツールのダウンロード

※ツールの著作権は国土交通省関東地方整備局港湾空港部に帰属します。

※不明点については「FAQ・質問コーナー」から質問を登録していただくか、下記のアドレスまでメールしてください。
メールアドレス: pa.ktr-kankyoweb@ml.mlit.go.jp

1. データ作成ツールについて

関東地方整備局港湾空港部では平成14〜16年にかけて、学識経験者・NPO・民間企業・行政で構成する検討会で環境情報の共有・保管形式について検討し、下記A、Bのデータ構造を作成しました。

  1. 環境データの概要情報(メタデータ)のデータ構造:OOMP
    (OOMP = Oceanographic Observation Metadata Profile)
  2. 観測値ファイル(実データ)のデータ構造:CML
    (CML = Costal and Estuarine Markup Language)

OOMP・CMLとは?

このデータ構造に基づくデータを作成、利用(フォーマット変換・グラフ作成など)するツールを提供しています。下記からご自由にダウンロードして、ご利用ください。データの登録を行いたい場合は、下記のアドレスまで作成したデータを添付しメールしてください。

メールアドレス: pa.ktr-kankyoweb@ml.mlit.go.jp

メタデータ及び実データの設定値(責任者など)の説明は、メタデータ(OOMP)仕様書、または環境標準データ(CML)仕様書をご覧ください。
(注) データ内の「責任者情報」は登録用データを提供いただく担当者の連絡先情報となります。

↑このページのトップに戻る

2. メタデータ作成ツールのダウンロード

本ツールは東京湾環境情報センターのクリアリングハウスに登録するメタデータを作成するためのツール(エクセル)です。
メタデータ構造(OOMP)については下記(2)からダウンロードしてください。

【XMLメタデータの作成・登録手順】

  1. メタデータ作成ツールおよびマニュアルをダウンロード
  2. メタデータ作成ツールを起動し、必要項目を入力
  3. 入力が終わったら、ツールの「作成実行ボタン」を押すとメタデータが作成
  4. クリアリングハウスへメタデータ登録

ツールで作成したデータをクリアリングハウスへ登録を希望する場合は、下記のアドレスまで作成したデータを添付しメールしてください。
メールアドレス: pa.ktr-kankyoweb@ml.mlit.go.jp


(1)メタデータ作成ツールのダウンロード


(2)XMLメタデータ構造に関する資料

↑このページのトップに戻る

3. 観測値ファイル(実データ)作成ツールのダウンロード

本ツールは東京湾環境情報センターで構成した環境標準実データを作成するためツール(エクセル)です。本ツールは観測値に応じて「時間変動用」「深度変動用」「生物用」があります。

【標準実データの作成手順】

  1. 各観測値ファイル作成ツールおよびマニュアルをダウンロード
  2. 必要項目を入力
  3. 入力後、ツールの「作成実行ボタン」を押して標準実データ作成

(1)観測値ファイル作成ツールおよびマニュアルのダウンロード


(2)実データ構造に関する資料

↑このページのトップに戻る

4. CMLデータ フォーマット変換・グラフ化ツールのダウンロード

本ツールはCMLに準拠した複数の観測値ファイルから、必要なデータの抽出・フォーマット変換・グラフ化を可能とするツールです。

■CMLデータ利用ツールのしくみ


CMLデータ利用ツール(Ver1.2)およびマニュアルのダウンロード


CMLデータ利用ツール(Ver1.1)およびマニュアルのダウンロード


CMLデータ利用ツール(旧Ver)およびマニュアルのダウンロード


また、環境データの利活用を促進するため、東京湾環境情報センターでは以下2つのグラフ化ソフト(フリーソフト)を紹介します。

ODV(Ocean Data View):
ドイツのアルフレッド・ヴェゲナー極域海洋研究所(AWI)が開発した、様々な海洋データを簡単に可視化できるソフトウェアです。「CMLDataConverter」にはODVスプレッドシート形式でのデータ変換機能があります。
Gunuplot:
Thomas Williams, Colin Kelley and many others により作成された 二次元および三次元のグラフを描画する機能を持っている非常に高性能なフリーソフトウェアです。GunuPlotが扱う事ができるデータフォーマットはテキスト形式のスペース区切りのデータですので、「CMLDataConverter」においてデータフォーマット変換を行う事で利用することができます。
↑このページのトップに戻る

5. xmlデータエラーチェックツールのダウンロード

東京湾環境情報センターに登録するために必要なデータ様式をチェックするためのツールをダウンロードできます。
※本ツールの利用には辞書ファイルが必要となります。

xmlデータエラーチェックツールのダウンロード

↑このページのトップに戻る

6. 辞書ファイルのダウンロード

東京湾環境情報センターのクリアリングハウスでは、提供データに使われている言葉の振れにより検索がヒットしない問題に対応するため、同義語を同一語句として定義する辞書ファイルを用いています。

最新版辞書のダウンロード

↑このページのトップに戻る

7. コンター図(等値線図)作成用のツールのダウンロード

東京湾環境情報センターに登録されている環境データを利用して、コンター図を描画することができます。
描画には、GMT(フリーソフト)が必要となりますので、開発元からダウンロード、導入してください。

GMT(Generic Mapping Tools):
ハワイ大学が開発した、様々なデータを描画できるソフトウェアです。XY座標を指定してのグラフ描画や、緯度経度を指定しての地理情報の描画等、幅広い描画が可能です。

GMT用描画ツール

環境データからのデータ抽出用ツール

↑このページのトップに戻る